MENU

京都で日勤のみの好条件求人を探すには

看護師 求人 京都 日勤

このサイトに来られたあなたは転職で迷い悩んでおられることと思います(´・ω・`)

 

実際、私も転職での失敗経験があり、その時はとても辛い思いをしました。
職場選びは、ひとりではなかなか難しく、まして全く知らない場所への転職となると尚更不安は大きいと思います。転職活動がうまくいかないと、転職自体が億劫になってしまいかねませんよね(ノД`)・゜・。

 

私が転職した際、住んでいた場所が地元ではなかったため、土地柄やどのような病院があるのかなど全く知らないまま、盲目的に転職活動をしていました。たくさんある職場のなかで、どこが自分に合っているのかわからず、また結婚して間もない頃だったので独身とは違う働き方を模索していました。そんな状況で力になってくれたのが、転職サイトでした。今回は私の転職失敗談、成功談をご紹介しますので、皆さんの転職活動にお役に立てればいいなと思います(*^-^*)

 

【追記】
子供の保育園のママ友さんで、京都に引っ越してきて訪問看護をしているというママさんに体験談をお話しいただきましたので、こちらも参考にどうぞ(*^-^*)

 

⇒ 京都で訪問看護に転職

 

私の転職活動

私は結婚を機に新卒から勤めていた総合病院を退職し、京都に引っ越してきました。なので、京都の病院については、全く知識がありませんでしたし、そもそも京都という街についてもほぼ知らない状況でした。(;´・ω・)

 

※私のように、京都に詳しくない方向けに京都事情や京都の病院事情についてまとめてみたので参考にどうぞ(^_-)-☆

 

⇒ 京都の看護師はグレードが高い?

 

当時は結婚して間もない頃だったので、夜勤をバリバリして休日勤務もあり、残業で帰りが遅いという以前のような働き方はやめておこうと思っていました。また、以前の病院では忙しすぎて患者さんとじっくり関わることができず、もどかしい思いをしていたので、患者さんとゆっくり関われて、看護師としてやりがいのある仕事を探していました。

 

自分のプライベートを犠牲にせず、看護師としてやりがいのある仕事したいというと相反する希望で、その両方の条件をクリアする職場はなかなかありません。まずクリニックや介護施設などが候補に挙がりましたが、この2つは看護師としてやりがいがあまりないように感じていて、どういう働き方がいいのか1人で悩んでいました。(´;ω;`)

 

悩みながらも最初は自分の力で転職活動をしていました。転職案内のチラシや職業安定所などで調べ、当時住んでいたアパートに近いことと、ほぼ残業がないということで久御山町の総合病院で面接を受けることになりました。

 

看護師 求人 京都 日勤 久御山イオン

余談ですが、他県から来た私ですから、当時は久御山という場所の名前さえ知らずにいました。最近では久御山イオンが改装されキレイになったので、ずいぶんとお客さんが増えましたね。改装前は大きなイオンにもかかわらず、閑散としていましたが、見事に息を吹き返しました。国道1号線沿いにはお店がたくさん並んでいますが、ちょっと脇道に入ると田んぼや畑があり、どこか私の地元に近いものを感じ久御山という場所に親近感を抱きました。

 

面接では事務長さんと看護部長さんが対応されました。
看護部長さんは気さくな方で「いま色々と、この病院を変えていこうと頑張っているところ。若くて新しい力を貸してほしい」と熱く語っておられました。病院や施設は古い感じでしたが、部長さんの言葉に押され、ここに就職することになりました。

 

しかし、そこで衝撃をうけました。総合病院といっても療養型のような病院です。部屋は8人部屋。患者さんがギュウギュウに押し込められています。おむつ交換はカーテンなどはなしでオープンな状態。プライバシーも何もあったものではありません。(◎_◎;)

 

看護師 求人 京都 日勤

看護師より助手さんのほうが力を持っており、看護師はパート感覚の方が多くいました。とりあえず決まったいつものケア(点滴、胃ろう、鼻注、おむつ交換、体位交換など)をこなしていくという感じです。

 

人工呼吸器を装着した方もおられましたが、おそらく何年もその状態なのだろうという感じでした。点滴の管理もカゴにおいてあるものから、指定された薬剤を取り出し、自分で患者さんの名前を書き準備する。隣に同じようなカゴが置いてあったりして、間違いが起こらないかハラハラしていました。((+_+))

 

一番悲しかったのは、おむつ交換の時、隣の話し声が聞こえたのですが助手さんが「もう!じっとして!じっとせんと床に落とすよ!」と大声で患者さんに言っていたのです。違う場所では患者さんの「痛い!」という声も聞こえてきます。そんな状況ですから、そこで働く人々は新しい人を迎えるという気持ちはなく、マニュアルも曖昧で、教育しようという姿勢は全く感じられませんでした。何より患者さんをまるで物でも扱うかのような接し方に悲しくなりました。(/_;)

 

私は「ここにいると看護師としても人間としてもダメになる」と思い、2日目にして看護部長さんに「もう無理です。やめさせてください」と言いにいきました。今振り返ると看護部長さんの「色々とこの病院を変えていこうと頑張っているところ」という言葉は、現状で問題のあることが多いということを暗に示していたのだと思います。(;´・ω・)

 

看護師 求人 京都 日勤

泣きながら訴える私に看護部長さんは「私も外部から来た人間だから、この病院の問題は重々感じている。むしろあなたにそんな辛い思いをさせて悪かった。ただせっかく就職したのだから、もう少し頑張れないか?今は試用期間ということで、病棟をいくつか回ってみて合うところを探してみては?」と言ってくださいました。でも私の意志は固く「もう私は来なかったものだと思ってください。明日からまた、ここに来る勇気はありません」と伝え逃げるように病院を後にしました。

 

これを読んだ方は「2日でなにがわかる?」「意気地がない」などと思われるかもしれません。私自身もほかの人が2日で仕事を辞めたと聞けば、そんな短い期間で?と批判的に見てしまうでしょう。ただ自分でいうのもおかしいですが、私はとても我慢強いほうで早々に物事を投げ出すほうではありません。このような辞め方をしたのは、今まででこれが初めてで、それ以降このような事例は1回もありません。そのくらい私にとって衝撃的で辛く悲しい出来事だったということです。

 

自信をなくしてしまった私

 

この一件があってから、私は転職するのが少し怖くなっていました。『また同じような病院に当たったらどうしよう』就職してもすぐに辞めてしまうような自分には自信が持てないとまで思い詰めていました。(´;ω;`)

 

そのような状況のなか、転職についてインターネットで調べていると、看護師の転職サイトというものがあることを知りました。私は案内を見て、各転職希望者に対してマンツーマンでサポートしてくれるということに、とても安心感を抱きました。

 

また詳しく見ていくと、先方への転職の申し込みや面接の時間調整までしてくれるとのこと。皆さんは転職活動の中でファーストコンタクトというか、先方へ初めて電話するときが一番緊張しませんか?私はそうなのですが、それを全部やってくれるということもあって、転職サイトに登録することにしました。

 

ここで、少し息抜きに私が実際に登録してみて、よかった転職サイトを3つご紹介したいと思います(^_-)-☆

 

おすすめ看護師転職サイトランキング

マイナビ看護師

マイナビ看護師

 

私が実際に登録してみてよかったと思うのは、やはりマンツーマンで実際に会って相談ができるというところです。そういう意味で一番よかったのがマイナビ看護師でした。

 

最近はネットが普及して便利にはなりましたが、文字だけではやっぱり伝わらないことがあります。そのときの気持ちや表情なども重要ですし、実際に担当者さんの顔が見えるというのは信頼感につながります。また医療施設側の職場の雰囲気や人間関係、看護観など働くうえで欠かせない、内部の情報などもしっかり把握されており、教えてくださるので安心できます。

 

そのような情報があることで、実際就職してから「思っていたのと違った」「自分のやりたい看護と違う」などと失望することもなくなります。希望通りの場所で働くことは、末永く良い職場で働けることにつながると思います(*^-^*)

 

 

>>マイナビ看護師の公式サイトはこちら

 

ナース人材バンク

ナース人材バンク

 

ナース人材バンクさんはメールへの返信がとても早く、こちらがお願いしたことをすぐに実行してくださいます。面接の日にちや時間等についても、出来る限りこちらの希望を聞いてくださいますし、その日のうちに先方へ連絡してくださるので、待ち時間がありません。

 

こちらの希望を細かく先方に伝えてくれるので、こちらの意向が通じやすいです。私が言いにくい給料面のことなども積極的に聞いてくださるので、助かりました。こちらがいろいろとワガママを言っても、共感してくださり、なにより転職する私の気持ちが一番という感じで接してくださったのが、嬉しかったです。

 

>>ナース人材バンクの公式サイトはこちら

 

ナースではたらこ

ナースではたらこ

 

こちらは個人情報の管理がしっかりされているなという印象です。プライバシーマークを取得されているということで安心できます。何より「あんしんサポート窓口」があってメールで連絡ができるので、言いづらいことも気軽に伝えることができました。

 

最初担当された方とは、少し意見や性格が合わなかったので窓口へその旨を伝えると「こちらこそ気を使わせてしまい、申し訳ありません」とすぐに担当者を変更してくださいました。その際も今までの情報は共有されていて、しっかり引継ぎがされている感じでした。
言いにくいことも言えるというのは、心強いと思いました。(*^^)v

 

 

>>ナースではたらこの公式サイトはこちら

 

転職サイトを使った転職活動

転職サイトに登録した翌日には直接電話がかかってきました。そこでどのような働き方がいいのか等々、軽く質問を受けました。もう少し詳しく状況を聞きたいということで後日、担当の方と直接お会いして面談することになりました。

 

看護師 求人 京都 日勤 コンサルタント

こられた方はおそらく20代後半〜30代前後の男性でした(仮にAさんとします)。まじめそうな方で、熱心に私の話を聞いてくださいました。また前述のような辛い体験にも親身になって聞いてくださいました。そのおかげで、もう一度、転職にむけて頑張ってみようと前向きな気持ちになれたのです。ただ、この時はまだ自分の望む働き方がはっきりしておらず、最初の転職の苦い経験もあったため急いで就職しようとは思っていませんでした。そんな私にAさんは看護師には病院だけではなく、色々な働きかたがあることを教えてくれました。

 

最初は伏見区のほうの総合病院で面接をしたのですが、多忙な病院だったので自分の希望に合わず、面接まではいったものの就職には至りませんでした。次に老健施設を紹介されました。働き方としては問題なかったのですが、通勤に車で1時間近くかかるとのこと。やはり断念することになりました。さらにもう1箇所、訪問看護をやっている診療所で面接。そこは京都第一赤十字病院の近くにあり、師長さんは「やる気があれば初めてでも大丈夫。サポートしますよ」と言ってくださいました。ただ東山区はみなさんご存知のように細い小さな道が多いので基本は原付バイクでの移動ということで、私は原付には乗らなかったので、断念。

 

今振り返ると、もう少し将来のビジョンをはっきりさせて転職活動に臨むべきだったなと思います。(;´・ω・)
これだけいくつもの場所をお薦め、面接させてもらっても決められない優柔不断な私なのに、Aさんは嫌な顔ひとつせず「満足のいく職場を一緒に探しましょう」と励ましてくださいました。また、Aさんとお話して実際の面接を受けることで、本来やりたいことは何なのか、どのような働き方を希望しているのかが自分の中で明確になってきました。そして、ついに就職が決まります。それが現在働いている職場です。(*^-^*)

 

看護師 求人 京都 日勤 訪問診療

職種は訪問診療。
もともと訪問看護については知ってはいたのですが、訪問診療については詳しくなく言葉自体、初めて知りました。基本的には日勤だけのお仕事です。月に自分が入りたいだけ、当直という勤務があり、緊急に訪問が必要な場合(看護師が行って対応できる症状のみ)や電話での相談をうけるなどしています。給料を上げたい人は当直をどんどんやっていますし、私のように夜は寝たい!という人は月1〜2回程度に抑えています。

 

普段は先生に付き添い、在宅での療養生活をする患者さんのお宅におじゃましてサポートしています。先生との距離も近いので、病気について質問でき患者さんのこともゆっくり相談ができます。看護師だけでも訪問することはあり、その際は時間を忘れてご家族とお話してしまったなんてこともあります。(;^ω^)

 

ターミナルの患者さんも多く、看取りの現場も多く経験していますが、ほとんどの患者さんが自宅で充実した、そのひとらしい最期を迎えておられます。病院では経験できなかった、静かな最期に立ち会うことができ、家族の満足された表情を見ると、この仕事につけてよかったなと心から思います。

 

今は私の希望であったできれば日勤だけ、病院のような多忙じゃない場所。でも看護師としてやりがいがあって勉強のできる場所というワガママな条件にピッタリの職場で働くことができています。その機会に恵まれたのも、訪問診療での働き方を提案してくださったAさんでのおかげだと感謝しています(^O^)/

 

転職を考えているナースの方へ

転職にむけて自分はどのような働き方を希望するのかをはっきりさせておきましょう。

 

  • 日勤のみor夜勤もあり
  • 忙しくてもいいorなるべく楽な仕事
  • 残業はありorなし

 

など。そのうえで

 

  • 看護師としてのやりがいは?
  • 看護師として成長できるか?
  • 職場の雰囲気、人間関係
  • 給料
  • 休日は?
  • 子どもを産んでからも働き続けられるようなサポートがあるか

 

なども大事になってきます。

 

また、院内見学ができるならぜひ一度見に行ったほうがいいと思います。実際の環境を見ることでその場の空気を感じ、自分に合う職場かどうかが何となくわかります。その際は、必ず働いている人の表情も見てください。活き活きと働いているか、疲れて活気のない表情か、先輩にビクビクしながら接していないかなど、よく見ると人間関係の良し悪しもわかります。

 

また、その際には施設の清掃状況も見てください。施設の古い新しいではなく、しっかりとした清潔な環境が作れているか。医療現場は基本的に体の弱った方が多くいらっしゃいます。そのような環境で基本となる清潔な環境が保てていないということは、基本的な医療・看護もできていないということに繋がります。またそれをよしとしている質の低い医療者がいるということの現れでもあるのです。

 

京都で働くということ

 

他県から来た私からの印象は、よく言われることですが京都は閉鎖的な町です。言葉の端々にちょっとした嫌味を感じることもあります。特に昔ながらの旧家が多い農村地帯の久御山町は自分の家に他人を入れたがらない人も多いです。

 

そのため訪問系は最初の取っ掛かりで拒絶されることが多くあります。ただ慣れると、そのようなこともなくなります。他人のお宅におじゃまするので、基本的に日勤のみですし、最初の拒絶に耐えられる心の強いかたは大丈夫だと思います。

 

久御山町に唯一存在する総合病院は私の経験では、上に書いたようにとても酷い病院でした。ただ、さほど忙しくなくルーティンワークの好きな方にはおすすめだと思います。

 

看護師 求人 京都 日勤

京都という場所は都会ですし、他県から来た私にはとても大きな街に見えました。
田舎者の私ですから前も後ろも右も左もわからない状態での転職で、一度失敗したときにはもう目の前が真っ暗になったようでした。そこに光をさしてくれたのが転職サイトでした。まさに手取り足取り教えていただき、今の充実した生活に導いてくれたと思っています。

 

皆さんも不安なことが多いと思いますが、助けてくれるひとは必ずいます。ぜひ希望をもって、少しでも良い転職ができるように私の失敗談・成功談がお役に立てられれば幸せです(*´▽`*)